関根内科外科医院 | 埼玉県児玉郡神川町 2018/6/9

大腸内視鏡検査(大腸内視鏡カメラ)

予約・事前検査

医師による診察・問診を受け、検査日を決めます
内服しているお薬がある場合はお薬手帳等をお持ちください
採血を行い、感染症等の検査を行います
検査の流れや注意事項の説明を受けます(緊急の場合はこの限りではありません)
検査説明と採血検査が終っていれば検査日はお電話での予約も可能です

検査の流れ

  1. 検査前日に下剤を内服します(お通じの具合により変更もあります)
  2. 検査当日は朝から来院していただき2Lの下剤(経口腸管洗浄液)を2時間ほどかけて飲みます
  3. 下剤を飲み始めてから1時間を過ぎると下剤が効いてきます
  4. 10回前後排便していただき腸内をきれいにします
  5. 検査着に着替え、点滴をします
  6. 潤滑剤をつけてカメラを挿入します
  7. 検査時間は30分前後ですが、腸が長い場合やポリープの切除をする場合は時間がかかります

経口腸管洗浄液の服用について

経口腸管洗浄液の服用は、吐き気や強い腹痛などの副作用を考慮し、原則医院で行います
やむを得ず自宅で服用する場合は注意事項を説明いたします
何かありましたら服用を中止し、医院までご連絡ください

静脈注射下での苦痛の少ない検査

院長は消化器内視鏡専門医の資格を持つほか、麻酔科標榜医でもあります
「他院でとても苦労した方」「検査への恐怖心が強い方」などには静脈麻酔を使用して寝ているうちに検査を行うことも可能です。ご相談ください

大腸ポリープの日帰り手術

当医院では、内視鏡的大腸ポリープ切除術(ポリペクトミー)の日帰り手術を行っております
この方法は、開腹手術より患者様への負担が少なく、全国的に普及しているがん予防のために通常に行われている手術です
ただし、すべての医療においてもそうですが、100%安全に行えるものではありません

合併症として出血や穿孔のおこる確立は低いながらもあります
当院では患者様の安全のため、内視鏡下での手術が困難と判断した場合や術後安静に出来ない方などは、患者様ご希望の病院や協力医療機関に紹介いたします

大腸ポリープ削除について

検査を行いポリープがあった場合、「日を改めて切除する」か「当日切除する」の2つの選択肢があります
ただし当日切除する場合は、手術承諾書をお持ちになり次の日も来院できることが条件となります

注意事項

  •  お薬の種類によっては内服の中止をします。予約の際はお薬手帳等をお持ち ください
  • 検査当日は朝食を絶対に摂らないでください
  • 静脈麻酔を希望された患者様はご家族に送迎してもらい、御自身での来院はしないでください
  • ポリープ切除術を受けた患者様は医師の許可が出るまで食事は摂らないでください。その他、出血や穿孔といった合併症を予防するため、「遠出」「重い荷物を持つなどの腹圧のかかる行為」「運動」「飲酒」等は切除後1週間ほど禁止です
  • ただし当日切除する場合は、手術承諾書をお持ちになり次の日も来院できることが条件となります

料金について

あくまで目安となりますが保険適用され3割負担の場合、9,000円~20,000円程度です(病理組織の検査の有無により金額は異なります)
大腸ポリープの日帰り手術は30,000円程度で
また診断によってお薬の処方があれば上記の金額にプラスされます

感染対策

最新式の内視鏡洗浄機を導入しており、感染症対策にも十分な対策を行い万全を期しております

 

 

PAGETOP
Copyright © 関根内科外科医院 All Rights Reserved.